信念投資 ヤマヒマンの株ブログ

成長株投資と小規模な大家さんでセミリタイアを目指します。

投資法

株式投資に興味をもったきっかけ

以前のブログで、28歳で株を始めたと書いた。
今回は、最初の株との接点について書いてみたいと思う。

というのも、そのときの出会いが、今の投資スタイルの根幹でもあるからだ。

僕はお笑い芸人を辞めた後、28歳でNYに短期留学した。

昔からヒップホップを中心とした黒人文化に興味があって、その文化の中心だったNYは一度は住んでみたい場所だった。

そこでアジア系アメリカ人のチェンに出会った。彼は当時40歳で独身だった。

僕が彼から英語を習う代わりに、日本語を彼に教えるというlanguage exchangeのパートナーだった。

同じアジア同士、波長がとても合った。

僕は、語学学校が終わってから暇になるので
チェンとよくlanguage exchangeをした。
彼は仕事をしている様子がなかった。
僕が会いたい時にいつでも彼と会えたからだ。

チェンに仕事は何をしてるのかと聞くと、
決まって勉強中の日本語で、

ヒ・ミ・ツ

と答えた。

僕の中で、チェンは何で生計を立てているのか?英語の勉強よりもそれが気になってしょうがなくなった。

チェンは、マンハッタンから少し離れたエリアのマンションに住み、贅沢な生活とまではいかないが、どこか余裕のある生活ぶりだった。

ある日、チェンとAppleの話をした。

チェンは、Appleをこよなく愛しており、異様なまでに詳しかった。
僕は、当時iPadも販売し、この先魅力的な製品はでないのではないかと話した。

珍しく激しい議論になった。
チェンはまるでジョブズが憑依したように反論した。

議論の中、そんなに好きならAppleに入社した方がいいと伝えると、

だから、Appleの株も買っていると答えた。

どれぐらい持ってるのと聞くと、

言いづらそうに、

全資産。

ぜ、ぜんしさん。。。



どんだけ~



松尾




驚いて、
僕  「いつ頃Apple株を買ったの」
チェン「2001年 ipodが発売した年」
僕  「すごいね~。10年前だ。結構儲かってるの?」
チェン「うん。30倍くらい。」




どんだけ~



ikko


衝撃すぎて本物のIKKO出てきました。


そこからチェンが秘密を教えてくれた。

最初は両親が残してくれた資産をETFで運用していたが、現在は、Apple株のみ。
今は、投資のみで生活をしていると。

僕はこの時、心の底からこう思いました。


こんな偉大な人になりたい!


自分の好きなことだけをして生きる。
なんて素敵なんだろうと、いつか株を始めようと心に誓ったのでした。


ちなみに、現在のAppleの株価は、113ドル。
彼が買ったという2001年の株価は0.4ドル

282.5倍です。
もし100万投資していたらたった20年で、約3億になっているわけです。


apple


ipodを発売した時、誰しもがAppleを知っていました。
Appleは2000年にジョブズがCEOに再度就任して魅力的な製品をリリースし続けます。

ipodとiTunes、iPhone、iPad

みんな使って、みんな知ってる。
でも、それらの製品をリリースした時に、もしApple株も一緒に買っていたら??

そう。どのタイミングでも10倍以上にはなっているわけです。

保有し続けるのは本当に大変なことだけど、株式投資には夢がある。

それを教えてくれたのがチェンでした。
今はチェンと連絡をとれてないけど、僕の心の師匠であり続けます。

以上が僕の投資の原点です。



■僕の投資の根幹にあるもの


僕の資産の1/3は、ホープで作られてます。
去年ホープとめぐりあって、集中投資によって急激に資産が増加しました。

幾つもいい銘柄を探し出す必要はないと思っています。
一発屋でいいのです。
(芸人もそうですが、一発当てるということは本当に誇るべきことだと思います。)

もし本当に急成長する会社を見つけられたならば、資産を集中し、信念をもって長期保有する。
それこそが投資の王道であり、僕の理想とする投資です。

その究極形がチェンが投資したApple株への長期投資であると思っています。

握力について考える 

尊敬する投資家の片山さんがyoutubeでおっしゃられた銘柄保有における握力について「力なんて籠ってない」という発言をずっと考えてきました。


ようつべ


これまでどうやったら握力をつけるかを考えていた私からしたら目から鱗すぎて、ピンときませんでした。

この発言について分析してみました。

皆さん、含み益が増えてくると自分の証券口座の資産のプラスや含み益をみてニヤニヤすることはないですか?

僕はmoneyforwardを使って総資産を可視化しているので、毎日の増減がすぐにわかります。

まさに今は地合いがいいので、毎日総資産ニヤニヤです。
一日に何回もアプリを開いてニヤニヤ。
妻にアプリを見せてニヤニヤ。

一方で、地合いが悪くなったり、雰囲気が悪くなると、一気に資産は減っていきます。

人間は、一度手に入れたものがなくなっていくことに対して心理的に苦痛を強く感じるそうです。
これを保有効果というそうで、一度ニヤニヤした資産を維持するために利確をしたくなるわけです。

とはいえ、自分なりのストーリーを作って、
会社の将来性を信じて購入してるわけです。
簡単に売れません。
多少の調整があるのは当然だし、値動きだけで売ることは当初の購入理由とは矛盾します。

ここで握力という言葉が出てきます。

つまり心理的欲求に立ち向かうために握力という言葉を使ってその銘柄の利確を我慢したいというわけです。

簡単に図にしてみました。

irasuto


この好調な地合いです。
ちょっと地合いが悪くなると、ものすごい勢いで総資産ニヤニヤ軍が勢いをつけ始めます。
僕なんて一気に押し切られそうです。

一方、そもそも力が籠ってないということは、
この総資産ニヤニヤ軍が存在していないことになります。または、購入理由軍が100対1くらいで圧勝してるような状況。

欲望捨てるには、どうしたらいいのでしょう。

意見① 総資産ニヤニヤしてしまうのが原因なので、資産可視化をやめればいい。

いや、買単価覚えてるし、証券会社のアプリ開いたら含み益はでちゃう。

意見② 煩悩を捨てるため、出家する

トイレでこっそりスマホでトレードしそう。

ふざけました。

どちらかというとこの思想て、経営者よりのような気がします。
市場環境や、ビジネスモデル、優位性を理解して、数年先の会社の業績を自分なりのストーリーを作って投資する。

それ以外はノイズであって、総資産ニヤニヤなんて、自分の欲望なだけで、会社の成長性とはなんら関係ない。
欲望がつけいる隙なんてそもそもない。だから握力なんて発生しない。

「力が籠っていない」とはこういう心理的欲求が生み出されない状況なのではないでしょうか

うーん。頭では理解したとしても、、
今日もニヤニヤしてまうで。。。

米国株投資を始めようと思います。

このアゲアゲの相場で今更恥ずかしいのですが、
米国株投資を始めることを決意しました。
中田のあっちゃんの動画が理由ではないです。
でも書くことはあっちゃんの動画で言ってることと同じです。

理由は下記です。
1. 投資パフォーマンスが日本株に比べ明らか   に優れている
2. 長期投資に向いている

日本市場に比べ、米国株は成長市場です。
ナスダックのパフォーマンスは特に素晴らしく、長期にわたって上昇し続けています。

ナスダック

また市場規模が大きいので、日本のようにある程度規模(時価総額1000億以上)が大きくなってもさらなる成長が期待できます。

つまり、王道の長期投資を行う土壌が、日本市場に比べて揃ってると思います。

まぁみんな言ってることですね。。。

とりあえず投資にあたり、下記を想定しています。

投資対象:成長可能性が高い銘柄 (情報通信を使った事業)
運用方法:長期投資
資産額 :1000万 妻資産500万+私の資産500万
銘柄数  :  1~3銘柄

とはいえ急騰している今から入るのは初心者丸出し感があるので、まずは銘柄選定を選び、年内には買うくらいのスケジュールで行こうと思っています。
米国四季報を買ったので良さそう銘柄はまたブログに書こうと思います。

株の世界をお笑いで無理やり例えてみる。

僕はしがない芸人でしたので、
今回株が大きく上がるブレイクの瞬間と、お笑い芸人が売れた瞬間を無理やり比較してみたいと思います。

株の世界では、特許取得や、新技術の商品リリースなど大きな材料がでると一気に株価が2-3倍になったりします。
ですが、その材料に実態(売上高の貢献が少ない)が伴っていない場合は、しばらくすると、その人気も維持できず、結局元の株価に戻っていきます。

お笑いの世界でいうと、一発屋の芸人に似ています。
8.6秒バズーカという芸人がいました。
彼らは、デビュー1年目でラッスンゴレライのネタでブレイクしました。
テレビ番組にひっぱりだこ。
日本中の子供達がまねをして一斉を風靡しましたがその後彼らのネタも飽きられて、また芸歴もまだ浅いため、トークなどの実力も示せられなかったため消えていきました。

株のチャートでいくとまさにこんな感じです。

安永2

これは安永という会社です。
16年11月に「リチウムイオン電池製造に関する新技術開発」のIRがリリースされ500円→3600円まで上昇しました。
その後株価は一気に1100円まで下がり、材料は見当たらないものの再度仕掛けがあり上昇しますが、結局それが会社業績に反映されていないので株価は下降中です。

結局お笑いも株の世界も、実力がないとテレビに出続けれないし、株価も維持できません。
ラッスンゴレライに乗るという投資法もありますが、人気がなくなると一気に株価は急降下しするのでリスクが高く僕はしません。

ではどういう銘柄がいいのでしょうか?

芸人でいうとチョコレートプラネットです。
チョコプラは、分かりやすくIKKOと和泉元彌のモノマネでブレイクしましたが、
実は芸歴は14年あり、コントやトークの実力もすごいし、自力があります。
モノマネに飽きられる前に自分たちの実力をテレビで披露していきます。
さらに次から次へとバズる新ネタを披露する。もう株価はうなぎ上りです。

チャートで言うとこんな感じ。

ホープ2


これはホープという去年約13.5倍も上昇した上場企業の中で上昇率1位の企業です。
新規事業のエネルギー事業の取引規模が予想を超えたという上方修正をきっかけにブレイクしました。
その時の上方修正

お笑いで無理やり例えると、エネルギー事業という新ネタが一気にバズったわけです。
芸人でいう売れた瞬間です。
ここからホープの快進撃が始まり、実際に売上高は38億から今期140億の予想となり現在も
株価は新高値近辺にいます。

世間体にわかりやすくブレイク、その後それが売上に寄与し、どんどん企業が拡大していく。
そんなチョコプラのような銘柄に投資したいと思っています。

ヤマヒ鬼ホ研究会 その1

僕は中長期投資の本質は、下記だと思っている

①何倍にも伸びる会社をみつける
②その会社に資産の半分以上を投資する
③調整中の時も市場が大暴落の時も長期間しっかりと握り続けること

そして最も難しいのは③だと思う。

なぜならば③の過程で①なのかどうかが分からない点にあるからだ。
ホールドをし続けるということ
=その銘柄の成長を信じ続けることでもあり、
その道中、心を揺らぐ幾多の場面に遭遇する。
その誘惑を耐えてこそ①かどうかが判明するのだ。
いうならば③をした結果①になっていたというだけである。
逆説的にいうと③が出来ないと①を叶えることはできないのである。

つまり、ある程度のホールドができないと数倍銘柄には決して出会えない。
(もちろん前提として①の可能性が高い銘柄を探し出す能力も必須だが、本研究とは異なるためここでは言及しない)

また②も③の達成を邪魔する要因となる。
資金を1銘柄に投資すればするほど、精神的なプレッシャーは高まる。
確固たる信念がない限り、コロナなどの暴落局面で大きく動揺することになるだろう。

今回のコロナの急落からの激リバでもあったように、握力を強めることはパフォーマンスに大きく影響する。実際下記のような情報もある。

picture_pc_c74a4d82a6f8b3ef17f5e6ad1c253e00


というわけで、投資において重要なホールド力を高める手法を研究するのがこのヤマヒ鬼ホ研究会である。

今日はまず一つ目の手法を考案したので、発表したい。

◎タイムボックス法

僕は、あの仮想通貨ブームの後期にOmisegoという仮想通貨を30万分購入した。
コインチェックなどだと盗まれる可能性があるというので色々調べあげ自らのウォレットにその通貨を格納した。
もはやどうやったらその通貨を取り出して市場で売却出来るのか分からない。
めちゃくちゃ上昇しない限り、その方法は調べない。
あまりにもめんどくさ過ぎるからだ。

幾重にもロックする事で売却のハードルを自ら高めるという手法だ。
数年後に呼び起こすタイムボックスに似ているのでタイムボックス法と名付けてみた。

①メイン口座とは別にマイナー証券で口座を開設する。
マイナーであればあるほどよい。
おすすめは安藤証券だ。マイナーすぎて投資したことさえも忘れてしまうそうだ。

②初期ログインを変更せず、意中の銘柄を購入

③初期ログイン、初期パスを親族に預け、パスワードを変更してもらう。
僕の場合は妻にお願いする。
これで僕はパスが分からないので妻にお願いしない限り、自由に売買することはできない。

④そしてパスを教えてもらう唯一の方法を妻と契約する。
簡単すぎると意味がない。ここがポイントだ。
僕はプリンスオブペルシャ全面クリアとする。
あのスーファミで激ムズアクションゲームだ。

2020050917070595

unnamed

まずプリンスオブペルシャををそろえることからめんどい。
コロナ暴落による心の動揺など、プリンスオブペルシャ全クリの前には、無力だ。
やりたくもない激ムズゲームを全クリすることほど辛いことはない。。。

というわけで、この手法で購入した銘柄と進捗については随時報告していきたい。
Twitter プロフィール
借入5500万 実母/妻子扶養中の36歳リーマン。 経済的自由を求めて2013年より株式投資を始める。 日々、株のお勉強。
総資産推移
2014年  2,961,412円
2015年  4,489,424円
2016年  6,826,520円
2017年  15,681,681円
←ユナイテッドに投資
2018年  13,901,773円 ←JALCO HDで負ける
2019年  30,625,866円
←賃貸併用住宅を建て大家になる。ホープで勝つ
20年月次資産推移
20年年初 30,625,866円

1月 29,424,333円
前月比 -3.9%
2月 25,373,051円
前月比 -13.8%
3月 22,614,076円
前月比 -10.9%
4月 22,668,049円
前月比 0.2%
5月 31,712,771円
前月比 39.9%
6月 38,792,200円
前月比 22.3%
7月 36,647,888円
前月比 -5.5%
8月 45,523,851円
前月比 +22.8%
9月 49,434,126円
前月比 +8.6%