信念投資 ヤマヒマンの株ブログ

成長株投資と小規模な大家さんでセミリタイアを目指します。

自分が狙っている銘柄のリスクについて

AI insideは寄らずのS安
売れない状況が続いています。

投資は自己責任という前提ではあるものの、もし僕が書いた内容で購入した方がいたらと思うと、非常に心苦しく思ってます。

僕自身AI insideで1000万以上損失をおったわけですが、今回、自分が狙っている銘柄のリスクについて書きたいと思います。

僕が以前主力にしていたホープ、そしてAI insideも、今年おそらく全銘柄中1位、2位で暴落してます。
とんでもないリスクのある銘柄ばかり買ってブログに書きやがって、どうなってるんだとご批判もいただきました。

これは偶然なのでしょうか。いえ確率的にはあり得える話だと思います。
僕のメイン手法は、大化け銘柄に投資をするというものです。

ここでいう大化け銘柄とは、大きく業績が伸びて、PL、BSともに1年前の決算と全く違う銘柄のことをいいます。
ようは、様々な投資本でも記載のあるビッグチェンジ系です。

ビッグチェンジ銘柄になる要因は、
・社会構造の変化による需要の変化
・世界の情勢やトレンド
・法改正
・新規事業、新商品のヒットなどなど

によっておこりえると思います。

ビッグチェンジ系は業績が一気に上がるので、短期間で株価が何倍にもなる可能性があります。
一方で、当然何倍にもなったので、その業績を維持できない場合、株価が大きく下がるリスクも生じます。

売上が前年比200%になるとすれば異常値です。

つまりそのビッグチェンジに継続性があるかどうか、そしてそれがどこまで続くかどうかは非常に重要な部分です。

たとえばいきなりステーキは、人気になり一気に拡大して、そして即飽きられました。
ライザップやガンホーなんかもそうだとおもいます。

ペッパーフード

ペッパーフード


ライザップ


rizap

ガンホー

ガンホー


単一商品だとどんなに頑張ってもいつかは飽きる。今流行っているウマ娘もいつかは売上が落ちてくると思います。

じっくりジワジワは安定感があるけど、一気にビューンは安定感にかけるのです。

そして、それはBtoBでも例外ではないということを今回改めて思っています。

ホープのエネルギー事業は、新電力という新しい制度の中で自治体向けは青天井のビジネスで一気にビッグチェンジしました。
だが、電力価格を市場に頼るという大きなリスクを抱えていたため
拡大した売上は一気に逆回転し、債務超過までいきました。

AI insideもご承知の通りです。

山高ければ谷深し

業績の拡大とともに期待感をもって株価は大きく上昇しました。ただその後の失望感は大きく、一気に株価は落ちていきます。

僕が狙っているのは一気にビューンなのです。

なので理想は、初動近辺で買って、ストーリーが崩れた瞬間に出来るだけ早く売却したいといつも思ってます。

ただ過去から振り返ればここがピークだったことは分かるけど、
その投資している時点で、売却かどうかの判断を下すのはとても難しいです。

ホープについていえば、日々、電力卸市場(JEPX)をチェックするというのは判断材料として有効でした。

僕がAI insideで失敗したのは、コロナ禍におけるDX化という社会変化の枠組みで
NTT西日本の契約増を捉えてしまったこと、そして入る位置がすでにリスクがある中で
3Q決算を迎えたことにあります。

今になって思えば、NTT西日本の大量契約は、
2か月無料、解約料無料で本来需要が高くない顧客とも契約したいわば、お試し的な契約だったと認識しています。
そしてその契約は1年後に更新される。

AI insideは、全契約の70%近くがこのキャンペーンで獲得したわけなので
このキャンペーンの内容及び詳細を説明資料で記載すべきだったと思ってます。
これは20年11月の2Qの決算説明会の質疑応答資料ですが、このあたりですね。
開示があればもう少しこのリスクについて認識が変わっていた可能性はあります。

ai2

ai3


まぁ会社側もこれは想定してなかった事態だとも思います。
SaaSで契約がここまで更新されないなんて想像できませんし。
ある程度の解約数は増加すると思いましたが、
7636件は想像を遥かに超えています。
想像不足と言われればそれまでなのかもしれませんが。。。



今の保有銘柄


ここまで書いて、はて? ワイが今持ってる銘柄で、ビッグチェンジ済みでリスクありそうな銘柄あるかなと振り返りました。ありました。

Zoomです。

コロナ禍による社会変化で、ビッグチェンジ。ズッポシです。
Zoomに継続性があるかどうか市場も判断しかねてるところな気がします。
Zoom phoneには大きなポテンシャルがあり、コロナ後における社会構造の変化は
そう変わらないというのが僕の見立てですが、どうでしょうか。

長々と書きましたが、今思うことは、どんなに調べ尽くてもリスクを全て削ることはできないということです。
それがある以上はある程度分散して、投資を行っていきたいというのが今の心境です。

AI insideのとんでもIRについて


AI insideからとんでもIRがでました。

現在見込みで、NTT西日本が契約した9284件のうち7636件が次年度の更新がなしというのもでした。

そもそも同社が、3Q決算で大きく下げた理由は、DX suiteのLITEプランの契約数が全く伸びてないことも原因でした。
その理由として、今期は無料キャンペーンで契約したLITEプランの顧客の定着、サポートに注力する。
そのため新規契約数は意図的にキャンペーンで増やさないとのことでした。


画像2

NTTT西日本のキャンペーン
https://www.ntt-west.co.jp/info/support/oshirase20191227.html


まさにNTT西日本の顧客であり、その解約率をどれだけ抑えられるかが下期の戦略だったわけです。


結果は、、、ご覧の通り大失敗におわりました。


思うにNTT西日本はAI-OCRの需要の薄い層も無料キャンペーンでごっそり契約していたと思うのです。
それが1年で増えて1年で剥がれただけという。
(もちろんAI-OCR自体の魅力が伝えられなかったというのもあると思いますが。)


まさに砂上の楼閣ですね。

急激に増えたものは、脆く崩れやすいというのを改めて感じております。

今期のLITEの目標指標は、1265件の増加でした。
それが3Q時点での契約増加数は10000以上です。
異常なドーピングをして作り上げられた数値だったわけですね。

同社の巡航速度の年間契約数は1200件程度なのでしょう。
来期もその程度の契約数増加のガイダンスだと思います。




いやいや、そんなん知るわけないやん!!!


3回も上方修正だしやがって。
契約爆増させやがって。

絶好調だと思うでしょ!!!!



期待させやがって。おーマジ株恐ろしいよ。。。


すいません。心の声が。。。


ということで来期以降の数値はどうなるのでしょうか。これはここまでのまとめた数値になります。


画像1


赤枠が今回の西日本無料キャンペーン部分です。
ここの部分の7636件がなくなると総契約数は5300件ですね。
経費の増加、standardの契約数増など考慮する必要ありますが、四半期でみるとざっく
1Q程度の実力値に戻る感じでしょうか。
売上6億5千万、営利2億5千万 通期で営利10億
4Qの契約増や今期の契約がどこまで伸びるかですが、減収減益は避けられなさそうです。



同社は、先日誰でもAIが作れるサービスをローンチしました。
方針としては、このサービスが主軸となりプラットフォーム戦略を掲げています。
ただ構想としては非常に面白いし夢がありますが、時間がかかりますし実現性もまだわかりません。

しばらくは、AI-OCRの伸びが業績に大きく影響してくるのだろうと考えます。
ワクチン接種の自治体導入など期待できる部分はありますが、このNTT西日本の件をみると
AI-OCRの大きな成長性にたいしては弱気にならざるを得ません。

カンセキ【9903】銘柄分析


久しぶりに銘柄分析です。
株の成績は横横(年初-9%)ですが、ようやくメンタルが回復してきました。

自信がなくなると同時に、やる気も低下。
ドラクエやら色々逃げたんですが、壺全部壊すのもめんどいし、
自分はなぜ町の人全員に話掛けないといけないのかという疑問が沸いてしまい
コントローラーを置きました。

やっぱり振り返って株が好きだなぁと思って日々、向き合っております。

さて、金曜日に決算のあったカンセキは、今年もうひと山あるかなと思ってます。

カンセキの事業は主にこの3つです、

①カンセキ   北関東を中心としたホームセンター事業
②Wild 1    アウトドア専門店
③業務スーパー 業務スーパーのFC

ご存じのように近年のアウトドア、キャンプブームによりWild1事業が好調なのであります。

今年もう一度上がるのではと思っている大前提として、キャンプブームの継続があります。
むしろ去年以上のキャンプ熱があるのではと考えています。

正直、これだけ自粛があってもう外に出たくてたまらんのです。
キャンプしたい! 
マスク外して、思う存分BBQしたい!

そう思うのは私だけではないのでは?と考えています。

■強み


Wild1の店舗運営だけでなく、アウトドアのPBブランド テンマクデザインがあります。


手頃な価格帯と、アウトドア好きな人が作ってるんだろうなぁという商品は好感がもてます。
キャンプブランドとしてはテンマクは日本ではもう有数のブランドになってると思います。

このあたりが投資家にもう少し評価されればとなぁと思ってしまいます。

Wild-1単体の収益です。
収益

利益率も、7.9%⇒11.2%⇒12.8%⇒15.6%となりテンマク拡大による利益率が上昇しています。
次に全社売上利益構成です。

売上構成

売上はホムセンが上ですが、利益はWild-1が50%以上を超え、アウトドア事業が中心になっていることがわかります。

ホムセンは停滞なので、ここまできたら、社名もテンマクにしてもいいのではという
投資家エゴ満載の意見が出てきてしまいます。

■懸念点


ホムセン事業がコロナ前は下降気味だったので、業績を引っ張る可能性はあります。
21年2月期は特需だったので昨期レベルは期待できないでしょう。

また、Wild1のさらなる成長性がどうかという点はあるでしょう。
業績の好調さを常々チェックするのは、スノーピークの月次進捗が良いです。

Wild1の中にスノーピークが置かれてますので、スノーピークが売れているということは、
Wild1も好調ということになります。


現在、スノーピークは絶好調ですね。
ただ3月以降はコロナ影響でてくるので、差し引いて考える必要はありそうです。

すの


また、Wild-1の新規出店がほぼ年1店舗ペースなので、西日本を中心にもう少し出店してほしい。。トップラインもっと伸ばせるのになぁ。。

■まとめ


株価としては、ホムセンのPERでいえば妥当だと思いますが、
アウトドア事業における成長性を鑑みるともう少し評価できるのではと考えています。

インサイドでやられて、他人のパフォーマンスも比較してしまい、自信も失ったのですが、
自分は自分と言い聞かせて、また信じられる銘柄を探していきたいと思います。
Twitter プロフィール
借入5500万 実母/妻子扶養中の36歳リーマン。 経済的自由を求めて2013年より株式投資を始める。 日々、株のお勉強。
総資産推移
2014年  2,961,412円
2015年  4,489,424円
2016年  6,826,520円
2017年  15,681,681円
←ユナイテッドに投資
2018年  13,901,773円 ←JALCO HDで負ける
2019年  30,625,866円
←賃貸併用住宅を建て大家になる。ホープで勝つ
2020年  49,884,788円
←コロナ禍。金融緩和で株高に。
20年月次資産推移
20年年初 30,625,866円

1月 29,424,333円
前月比 -3.9%
2月 25,373,051円
前月比 -13.8%
3月 22,614,076円
前月比 -10.9%
4月 22,668,049円
前月比 0.2%
5月 31,712,771円
前月比 39.9%
6月 38,792,200円
前月比 22.3%
7月 36,647,888円
前月比 -5.5%
8月 45,523,851円
前月比 +22.8%
9月 49,434,126円
前月比 +8.6%
10月 46,378,861円
前月比  -6.1%
11月 49,624,783円
前月比  7.0%
12月 49,884,788円
前月比  0.5%
21年月次資産推移
21年年初 49,884,788円

1月 51,570,233円
前月比 +3.4%
2月 44,254,222円
前月比 -11.3%
3月 45,124,633円
前月比 +1.9%